オーストラリアの紙幣と硬貨の種類をまとめたよ!

オーストラリアの通貨まとめ

どうもふっさんです。

今回はオーストラリアの紙幣と硬貨の種類についてまとめていこうと思います。

オーストラリアの通貨まとめ

紙幣の種類

オーストラリアのドル紙幣

紙幣の種類は全部で5種類。

上の画像を見るとわかりますが、5ドル札、10ドル札、20ドル札、50ドル札、100ドル札があります。

それぞれ紙幣によって色が違うので、まず間違えることはありません。

 

硬貨の種類

わかりにくいのが硬貨。

硬貨には大きく2種類あり、シルバーコインとゴールドコインがあります。

 

まずはゴールドコインについて。

オーストラリアのドルコインの表

ゴールドコインはドルコインで、左が1ドル、右が2ドルです。

小さい方が2ドルっていうものすごくわかりにくくなっています。

裏側には両方ともエリザベス2世が描かれています。

オーストラリアのドルコインの裏

 

 

次にシルバーコインについて。

シルバーコインはセントコインで、全部で4種類あります。

オーストラリアのセントコインの表

左から5セント、10セント、20セント、50セントですね。

50セント硬貨が「これほんとに硬貨か?」って思うぐらい大きいです。

 

こちらも裏側にはすべてエリザベス2世が描かれています。

オーストラリアのセントコインの裏

 

普通に考えてもエリザベス2世めっちゃ書かれてますね。

またコインそれぞれの年代でエリザベス2世の年齢が違うそうで、よく見るとなんとなくわかりますね。

まぁ暇な時にでも見比べてくださいな!

 

5セント以下は切り上げまたは切り捨て

現在では5セント以下の硬貨がないので、5セント以下は切り上げか切り捨てになります。

1セント, 2セントの場合は切り捨て、3セント, 4セントの場合は切り上げってな感じです。

 

前にパースでタクシーのおっちゃんが10セント切り捨ててくれたことがあるんですが、もしかするとこれと関係があるのかもしれません。

10セント切り捨てるってなかなかやべーことしてね?って思いながらも笑顔で「センキュー!!」って降りましたけどね。

なぜなのか未だにわかっていませんが、何かしらのルールがあるんだと思います。

 

まぁこんな感じで最初は「あれ?お釣り間違ってね?」ってなりますが、徐々に慣れていくはずです。

相手からのお釣りを信じましょう!笑

 

まとめ

今回はオーストラリアの紙幣と硬貨についてまとめました。

紙幣は間違えることないけど、コインは最初わからなくなるかもしれませんが、徐々に慣れていきます。

タクシーのおっちゃんに関しては、また何かわかったら追記します〜。

 

オーストラリアの通貨まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

ABOUTこの記事をかいた人

就職活動を放棄し、大学卒業後すぐにオーストラリアへワーホリ。
英語学習方法やワーホリ情報を軸に当ブログ「Daily Journey」を設立。「やりたいことをやる」をモットーにブログを更新中!