オーストラリアのコンセントの形状ってO型?それともO2型?

コンセントの写真

どうもふっさんです。

今回はオーストラリアのコンセントの形状について書きたいと思います。

オーストラリアのコンセントはすべてO2型

オーストラリアでは、壁に付いているコンセントはすべてO2タイプ(三ヶ所挿すところがある)コンセントになっています。

オーストラリアの壁付けコンセント

上のボタンは通電を操作するためのボタンで、ボタンの色が見えている時が通電状態(ON)になります。

もし通電している状態でコンセントを挿すと、バチっと少しだけ火花が散るので注意しましょう。

自分は基本的に使ってない時はOFFにしています。

 

またこのコンセントに挿すプラグの方は、大半が下のようなOタイプ(ハの字型)のプラグとなっています。

オーストラリアのコンセントプラグ

このようにコンセント側とプラグ側で少しだけ形が違うので、最初は戸惑うかもしれません。

このOタイプで無くなっている部分の端子は、よく家電などで使うアース用の端子で普通の電気製品なら必要のない部分になります。

だから普段使いの電気製品は基本的にOタイプのプラグとなっています。

 

そして日本から持って行くもので悩むのが変換プラグ。

もしお店などでプラグを買う場合はOタイプの変換プラグしか置いてないですが、Amazonなどで購入する場合は両方あって悩むと思います。

ただ上でも書いたように、壁側のコンセントはすべてO2タイプなので、Oタイプの変換プラグでもO2タイプの変換プラグでも使用することができます。

 

ふっさんは知らずに下のようなO2タイプの変換プラグを買いましたが、普通に使えてます。

O2タイプの変換プラグ

これはTESSENの変換プラグで、3個入り袋付きで900円ぐらいだったと思います。

3個もあればものすごく便利ですし、案外安いですよね。

オススメなので、良かったら買ってみてくださいね!

 

 

オーストラリアでは電圧に気をつけよう

日本のコンセントの電圧は100Vですが、オーストラリアのコンセントは240V規格で作られています。

そのため日本の電化製品をオーストラリアのコンセントに挿してしまうと、一瞬でぶっ壊れます。

最近の電化製品では240Vまで対応のものが多くなって来ていますが、未だに対応していないものも多いみたいです。

 

だからもしオーストラリアに来るのであれば、できるだけ対応している電化製品を持って来ましょう。

対応電圧については電化製品それぞれに表記されてあります。

 

例えばよく使うもので言うとiPhoneやMacなどの充電器は240vまで対応しているため、そのまま持って来て使うことができます。

ふっさんは他にも目を温めてマッサージする機械を持って来ていますが、これも240Vまで対応していました。

目をマッサージする機械

 

このマッサージ機の対応電圧は以下のように表記されていました。

基本的に機械に書かれているというよりも充電器の線に書かれています。

目のマッサージ機の充電器

 

もし対応していない電化製品を持って行くのであれば、絶対に「変圧器」を用意して持って行きましょう。

そうしないと、使えないか壊すしか選択肢がないので。笑

 

まとめ

オーストラリアのコンセントはすべてO2タイプで、挿す方のプラグは基本的にOタイプってな感じです。

オーストラリアに来る際には変換プラグ必須。

あと変圧器に関しては使い方がちょっとめんどかったりするので、できれば240V対応の電化製品を持って来ましょう!

 

コンセントの写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

ABOUTこの記事をかいた人

就職活動を放棄し、大学卒業後すぐにオーストラリアへワーホリ。
英語学習方法やワーホリ情報を軸に当ブログ「Daily Journey」を設立。「やりたいことをやる」をモットーにブログを更新中!