dTVとhuluのメリットとデメリットを比較してみる。

dTVとhuluの比較

どうもふっさんです。

今回はdTVとhuluのメリットとデメリットについて書いていきたいと思います。

ふっさんは両方登録していますが、用途によって使い分けています。

まぁ基本的に見たい映画があるかどうかが基準になってくるとは思いますが、操作面も違う箇所が多いのでそんな点も紹介していければと思います。

 

dTVのメリットとデメリット

dTVのメリット

1. 作品数が最多

dTVの一番いいところとしてあげられるのが、映画の数。

他の動画見放題サービスに比べても、群を抜いて多いのがdTV。

映画やドラマはもちろん、漫画やアニメにミュージックビデオまであります。

 

2. コストパフォーマンスが最強

dTVは月額500円。

言わずもがな最強のコストパフォーマンス。

 

他の見放題サービスと比較しても、

hulu        → 月額933円

U-NEXT  → 月額1990円

Netflix     → 月額650円

安いことがわかると思います。

 

3. 動画再生時に10秒戻す、10秒進める機能がある

これが地味に嬉しいポイント。

映画の冒頭部分、特にライオンさんが吠えたりする場面なんかはどうでもいいので飛ばしたい時が多いですよね。

また同じドラマを見返したりする時にも、覚えている部分を飛ばしたりするなどとても便利に使えます。

あまり使わないかもしれませんが、倍速機能なんかもありますよ!

 

4. ダウンロード可能で、オフラインでの視聴も可能

見たい映画をダウンドーロしておいて、外出先で見るなんてこともできます。

家のwifiでダウンロードしておけば、外で映画を見たとしても通信量を気にする必要がないですよね。

特に毎日通勤する人なんかにはもってこいの機能ですね。

 

5. レビューが見られる

ふっさんがdTVを使う大きな理由の1つがこれです。

レビューは基本的に5つ星評価で、どのくらいの評価が付けられているかで、動画を見る前にその動画の面白さを把握することができます。

ふっさんは自分には合わないはずれの映画を見てしまった時めちゃくちゃ萎えるんですが、この評価を元にして見たい映画を選ぶとはずれを引くことはまずありません。

評価が高いものはおもしろいし、低いものはそれ相応のものです。

まぁ見ていたらどの辺が低評価になっているのかっていうのも、見ていたらなんとなーくわかってくるようになります。

 

このレビューを使うことによって、毎回おもしろい映画を見ることができます。

 

dTVのデメリット

正直言ってふっさんがdTVのデメリットに感じることは1つで、

UIが使いづらくガクつく事

ですね。

これはほんとにストレスなんですけど、基本的に挙動が遅く感じます。

またトップ画面をスライドしてもガクつくことが多いです。

 

このUIとUXが改善されれば、ほんとにいいと思うんですけどねぇ。

 

huluのメリットとデメリット

huluのメリット

1. 海外ドラマの作品数が多い

dTVに比べると海外ドラマの作品数が多いです。

dTVでは3シーズン目だけ見れて他のシーズンは有料みたいな形が多いですが、huluでは基本的に全部見れます。

海外ドラマに関しては、huluの方がおすすめ。

 

2. 英語字幕を付けれる

これはあまり関係ない人が多いかもしれませんが、これもhuluのメリット。

英語を学習した人や英語で見た方が楽な人にとってはありがたい機能です。

まぁ全部付けれるわけではないですが、英語学習にはもってこいです。

 

3. UIが使いやすい

これがふっさんが思っているdTVとの大きな差だと思います。

UIはhuluの方が使いやすく、ガクつくことはまずありません。

 

huluのデメリット

1. コストパフォーマンスが少々悪い

まぁこれはdTVに比べてという感じで、値段的には933円で妥当な料金と言えます。

ただdTVの月額500円のコストパフォーマンスが良すぎるので、そう見えるだけかもしれませんが…笑

 

2. 洋画、邦画、ドラマなどの分け方ができない

基本的に年代とカテゴリに関する分け方はできるんですが、「洋画だけ」や「邦画だけ」という表示できません。

なので、「アクション」というカテゴリを見ると、それに当てはまる洋画、邦画、ドラマ、アニメがすべて表示されます。

まぁそれぞれの作品数にばらつきがあってこのようなやり方を取っているとは思うんですが、この辺ちょっと使いづらいかもしれませんね。

 

dTVとhuluのメリット・デメリットの比較

dTVのメリット

・作品数が最多

・コストパフォーマンスが最強

・動画再生時に10秒戻す、10秒進める機能がある

・ダウンロード可能で、オフラインでの視聴も可能

・レビューが見られる

 

dTVのデメリット

・UIが使いづらい

 

huluのメリット

・海外ドラマが作品数が多い

・英語字幕が付けれる

・UIが使いやすい

 

huluのデメリット

・コストパフォーマンスが少々悪い

・洋画、邦画、ドラマなどの分け方ができない

 

 

dTVとhuluのメリット・デメリットをまとめて見ましたが、やっぱりどちらも良い悪いがあると思いますね。

映画を楽しみたいならdTV、海外ドラマを楽しみたいならhulu。

英語学習しているならhuluだし、映画見まくりたいっていう人はdTVかなぁ。

 

この辺は人それぞれの判断になると思うので、メリット・デメリット見た上で登録して見てくださいな〜。

 

【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!

 

【Hulu】今すぐ会員登録はこちら

まぁ映画好きなら両方登録するのも悪くないですけどね!

ふっさんは両方登録してますからね〜。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ふっさんはhuluやdTVにある映画やドラマは見尽くしてしまった感があるので、次はU-NEXTやNetflix、Amazonプライムビデオなんかにも登録してみようかなぁと考えています。

登録して使ってみたら、また比較して見たいと思います〜。

 

dTVとhuluの比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

ABOUTこの記事をかいた人

就職活動を放棄し、大学卒業後すぐにオーストラリアへワーホリ。
英語学習方法やワーホリ情報を軸に当ブログ「Daily Journey」を設立。「やりたいことをやる」をモットーにブログを更新中!