Duolingoを一ヶ月使ってみた感想と効果まとめ

Duolingoを一ヶ月使ってみた感想と効果

どうもふっさんです。

今回はDuolingoを一ヶ月使ってみたので、その感想とどのような効果があったかについて書いていきたいと思います。

まず一ヶ月でどこまで進んだ?

まずDuolingoの英語コースには全部で56個ほどの単元があって、それをまとめたものをツリーと言います。

で、自分は一ヶ月でそのツリーの半分ぐらいを終わらせることができました。

1日の学習量は基本的に30XPで、気分が乗った時はやる気がなくなるまでやっていました。

 

また単元的には過去形や不定詞などはやっていません。

基本的な現在形や形容詞がこの一ヶ月で勉強した内容になります。

 

Duolingoの問題自体は簡単で、ツリー自体を終わらせようと思えば1ヶ月〜2ヶ月もあれば普通に終わります。

とりあえず自分は適度なスピードでまったりと勉強していきました。

 

Duolingoを1ヶ月やったみた効果

一ヶ月でどんな効果があったかと言うと、大まかな英語文法の復習を行うことができました。

主に中学校レベルの文法ですね。

 

大学在学中だったので「英語さほど忘れてなくね?」って思いながらやりましたが、忘れていることばっかりでした。

文章自体は簡単でも、複数形にするのを忘れるなんことも多々ありました。

 

あとDuolingoでは簡単な単語の復習ができるのもありがたかったですね。

9割以上知っている単語なんですが、時たま知らない単語が出て来ます。

あの頃の英語力の低さに今になってびっくりしますね。

 

Duolingoを1ヶ月続けることによって、

  • 中学レベルの文法の復習
  • 簡単な英単語の復習
  • 少しだけ英語に慣れる
  • 英語に触れる習慣が付く

これらに効果があったんじゃないかなと思います。

 

大学を卒業して時間が経っている人なんかは、久しぶりに英語に触れるにはちょうどいいレベルだと思います。

言っときますが、Duolingoに出てくる英語はマジで簡単ですからね。

 

ただワーホリでオーストラリアに来て感じましたが、そんな簡単な英語文章が日常会話では使われています。

日常会話で難しい単語なんて全く出てきません。

 

だからDuolingoをずっと続けて行くだけで、英語力の向上が見込めるじゃないかなぁと自分は考えています。

 

ただDuolingoでは「モチベーションの維持」が難しいかも

上記でも書きましたが、Duolingoに出てくる英単語や英語文章はめちゃくちゃ簡単です。

そのためやっていると普通に飽きて来て、「これやってて意味あるのかなぁ?」などと思い始めます。

 

英語学習でやっておいて意味のないことなどないとは思うんですが、やっぱりおもしろくなかったら続きません。

Duolingoはできるだけゲーム感覚でできるように作られていますが、中学英語や高校英語がきっちりできていたらすぐに飽きる可能性が高いです。

 

だからもし飽きた場合や簡単だなと感じた場合は、違う教材などに変えて勉強を進めた方がいいと思います。

何と言っても英語はけることが大切なので、続けないと全く意味がないですからね。

 

自分は一ヶ月Duolingoを続けて来ましたが、今は違う教材に変えて勉強しています。

あのレベルの文法で十分なのはわかっているんですが、面白く感じなくなりましたね。

 

とにかくモチベーションが維持できる勉強方法を自分から探っていきましょう。

それが一番英語力向上につながる方法だと思います。

 

まとめ

今回はDuolingoを一ヶ月使ったみた感想と効果を書きました。

Duolingoは続けていくと英語力向上に繋がるけど、モチベーション維持が難しいかもって感じですね。

自分はDuolingoよりもMemriseで勉強した時間の方が数倍長いですね。

 

Memriseを使ってみた効果なども記事にしているので、よかったら読んでみてくださいね〜。

 

Duolingoを一ヶ月使ってみた感想と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

ABOUTこの記事をかいた人

就職活動を放棄し、大学卒業後すぐにオーストラリアへワーホリ。
英語学習方法やワーホリ情報を軸に当ブログ「Daily Journey」を設立。「やりたいことをやる」をモットーにブログを更新中!