英語の勉強を毎日続ける3つのコツを紹介する

英語の勉強を毎日継続する3つのコツ

どうもふっさんです。

今回は英語の勉強を毎日続けるコツを3つご紹介したいと思います。

 

英語の勉強を毎日続ける3つのコツ

1. 毎日同じ時間に勉強する

まず最初に大事なのがこれ。

朝の通勤や通学の暇な時間、夜寝る前の30分など毎日同じ時間に英語の勉強をしていくことが大切です。

 

これをすることによって英語を勉強するという習慣ができる上に、前回学習してから1日以上日が経つことがないというメリットがあります。

エビングハウスの忘却曲線では、物事を記憶した後20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%を忘れてしまうとされています。

英単語を1日100単語覚えたとしても、勉強してから1日以上経ってしまうとほぼ忘れているということになります。

しかし逆を言えば、次の勉強までの時間を1日以内に収めることによって、26%の英単語を確実に覚えることができるわけです。

 

・英語学習を習慣化する

・英語学習を記憶の面から効率化させる

毎日同じ時間に勉強することによって、このような効果が現れるようになります。

 

実際エビングハウスの忘却曲線を利用した英単語学習アプリなどを使ってみると、やはり本の単語帳などよりも簡単に英単語を覚えることができます。

興味がある人は是非調べてみてください。

 

2. 毎日同じ勉強量を継続する

「昨日やってないし、今日はいつもの倍ぐらい勉強するか・・・」

こんな事思ったことがある人は多いんじゃないでしょうか?

 

これマジで間違った考え方です

そう思って倍の勉強量をこなしてしまうと、思っていたよりもしんどくて、次の日には高確率で勉強しないです。

前日やらなかったうしろめたさはあるかもしれませんが、やらなかったとしても毎日同じ量をこなすように心がけてください。

 

毎日続けられる勉強量を設定し、毎日設定した勉強量をこなしいく。

これだけでいいんです。

無理に勉強しようとすると英語学習は絶対に続けることができません。

 

3. 将来の自分を想像する

これが一番大事だったりします。

中学校や高校では進学するために英語を勉強させられていたと思いますが、英語は使ってなんぼのツールです。

日本以外の人と交流を深めたり、英語表記の情報を手にいれるために英語を勉強するべきです。

 

将来自分は英語を話せるようになってどうしたいのか?

異文化交流?海外ドラマ視聴?はたまた海外移住するため?

このようなことを日々考えながら、モチベーションを高めていくことが大切です。

何をするにもモチベーションは大事ですが、やっぱり英語も例外なくモチベーションが必要となります。

 

ちなみに「英語が話せるようになりたい」っていう理由の人が多いと思いますが、勉強する理由として弱いです。

自分も最初はそれが目標で勉強していましたが、途中で「日本で英語話せても意味なくね?」ってことに気付きました。

結局勉強しているうちにどうして自分が英語を勉強したかったのかが明確になってきたので、今はモチベーションを保ちつつ勉強することができていますが、やはり明確であればあるほどモチベーションを高く維持できると感じています。

 

自分がどうして英語を勉強したいのかを明確にした上で、しっかり計画を立てて勉強していくことが大事ですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

この3つを意識して英語の勉強を続けていけば、英語が習慣化できること間違いなしです。

ぜひ試してみてくださいね!

 

英語の勉強を毎日継続する3つのコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

ABOUTこの記事をかいた人

就職活動を放棄し、大学卒業後すぐにオーストラリアへワーホリ。
英語学習方法やワーホリ情報を軸に当ブログ「Daily Journey」を設立。「やりたいことをやる」をモットーにブログを更新中!