【パース】スマートライダー(SmartRider)の買い方・使い方・チャージ方法についてまとめる

スマートライダーの買い方と使い方

どうもふっさんです。

今回はパース滞在において必須アイテムである「スマートライダー(SmartRider)」の買い方と使い方とチャージ方法についてまとめていきたいと思います。

まずスマートライダーって何ぞや?

パースでは公共交通機関を総称して「TransPerth」と言って、交通機関には3種類(バス、電車、フェリー)あります。

この乗り物すべてで使えるのがこの「スマートライダー(SmartRider)」

簡単に言うと、日本でいう「Suica」や「ICOCA」みたいなものですね。

 

このスマートライダーを使うと、通常運賃よりも15%OFFで交通機関を利用することができます。

またオートチャージ機能もあり、これを設定しておくとさらに安い25%OFFで利用することができる便利なカード。

もちろんSuicaやICOCAみたいな使い方なので、乗車券を買う必要がありません。

 

もしワーホリなどでパースに滞在するなら、絶対に買っておくべきアイテムになります。

 

スマートライダーの買い方

このスマートライダーは各駅のインフォセンターやニュースエージェンシーで買えます。

詳しい場所は公式サイトでまとまっているので、見てみてくださいな。

 

多分初めてパースに来た際は、必ずパース駅に行くと思うのでパース駅で買ってしまいましょう。

自分はパース駅を緑のモニュメントが見える方に出て、すぐ左にあるInfo Centerで購入しました。

パースのインフォセンター(info center)

 

ちなみに緑のモニュメントって言うのはこれです。

パースの緑のモニュメント

パース駅には他の駅に比べると買える場所が多いので、わかりやすいと思います。

 

買い方としては、大きな声で「すまぁあぁとらいだあぁぁあ」といえば大丈夫です。

パースの人は優しいから絶対にわかってもらえます。

 

そして購入の際には、カード発行に10ドルと最低チャージ金額10ドルで、最低でも20ドルかかります。

カード発行の10ドルはデポジット(失くした時の保証金)ではないので、返金はしてもらません。

またチャージしたお金に関しても返金ができないみたいなので、使う分だけチャージするようにしましょう。

 

と言っても住んでいるととにかく使うので、最初に30ドルぐらいチャージしておくのがオススメですね。

慣れてきたらオートチャージ設定しておきましょう!

 

スマートライダーの使い方

各駅に下のような緑の機械が置いてあります。

スマートライダー(SmartRider)をタッチする機械

 

最初に乗る駅でタッチ(Tag on)して、降りた駅で再びタッチ(Tag off)することでスマートライダーを利用できます。

パース駅などの大きい駅では改札がありますが、基本的にこの機械が突っ立っているだけです。

忘れずに必ずタッチするようにしましょう!

 

もしTag on(乗る時)を忘れてしまうと無賃乗車と見なされ、罰金100ドル取られるので気をつけてくださいね。

 

スマートライダーのチャージ方法

このスマートライダーのチャージ方法としては、下のような「Add Value」と書かれた機械または先ほどの「Info Center」でチャージできます。

スマートライダーをチャージする機械

 

Info Centerでは現金でチャージすることができますが、機械によっては「Card Only」と書かれているものがあり、カードでしかチャージできない機械もあります。

パース駅2階に置かれているチャージ機械は現金でもカードでも大丈夫でした。

これは機械によるので、しっかり確認してから使いましょう。

チャージする機械のCard Only

 

チャージ方法としては、Info Centerの場合は「Please charge!!」みたいな感じで言えばチャージしてくれます。

チャージ機械の場合、

  1. スマートライダーを入れる
  2. クレジットカードを入れる
  3. 暗証番号を打つ
  4. レシートがこんにちは

ってな感じでチャージできます。

 

まとめ

今回はスマートライダーの買い方・使い方・チャージ方法について書いてみました。

暇があれば、電車やバスのそれぞれの乗り方について詳細に書きたいなーと考えてます。

まぁスマートライダーを買ってしまえば簡単に乗り降りできるんですけどね〜。

 

とりあえずワーホリでパースに行った際は絶対に買うようにしましょう!

スマートライダーの買い方と使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

ABOUTこの記事をかいた人

就職活動を放棄し、大学卒業後すぐにオーストラリアへワーホリ。
英語学習方法やワーホリ情報を軸に当ブログ「Daily Journey」を設立。「やりたいことをやる」をモットーにブログを更新中!