スーツケースのハードタイプとソフトタイプの違い

スーツケースのハードタイプとソフトタイプの違い

どうもふっさんです。

今回はスーツケースのハードタイプとソフトタイプの違いについて書いていきたいと思います。

 

スーツケースのハータイプトソフトタイプの違い

ハードタイプ

こちらは日本人がよく使うタイプのスーツケースで、外装の硬いスーツケースになります。

ロックも頑丈なものが多く、セキュティー面での安全性が高いです。

また中のものへの衝撃が少ないため、壊れやすいものを入れる場合はソフトタイプよりハードタイプの方がオススメです。

 

ソフトタイプ

これは海外の人が主流に使っている外装が柔らかいスーツケースになります。

生地自体は布なので、荷物が多くなる場合多少無理にでも詰め込むことができます。

またソフトタイプは片面開きなので、空港などでも場所を取らずに開けることができます。

 

ハードタイプとソフトタイプの違いはこんな感じになります。

 

ハードタイプとソフトタイプはどっちがいい?

ハードタイプとソフトタイプのどちらにもメリット・デメリットがあります。

下にそれぞれのメリットデメリットをまとめておくので、自分の旅行スタイルにあったスーツケースを買うようにしましょう!

 

ハードタイプのメリット

・中のものへの衝撃が少ない

・セキュリティー性能が高い(刃物で開けることができない)

・精密機器を入れるのに向いている

 

ハードタイプのデメリット

・傷が付きやすく、雑に扱うとソフトタイプよりも壊れやすい

・荷物を詰め込むことができない

・両面開きが多く、開く際に場所を取る

 

ソフトタイプのメリット

・傷が付きにくく、壊れにくい

・多少無理に詰め込める

・ハードタイプに比べて軽い

・片面開きで場所を取らない

・ポケットなどの収納が多い

 

ソフトタイプのデメリット

・精密機器(カメラなど)を入れるには向かない

・セキュリティー面がハードタイプよりも劣る

 

 

以上がハードタイプとソフトタイプそれぞれのメリット・デメリットになります。

一見ソフトタイプの方が良さそうに見えますが、日本人が一番気にするのがセキュリティー面だと思うので、セキュリティー面が気になる方はハードタイプを買う方が良さそうです。

またセキュリティー面よりも持って行くもの優先な方はソフトタイプがおすすめですね。

スーツケース自体が軽いので、その分多くの荷物を持って行くことができます。

 

あと一番気をつけておくべきなのは飛行機に乗る際の受託手荷物の重さです。

重ければ重いほど飛行機代が高くなるので、「スーツケースを何kgで乗せるのか」なども考慮に入れて買っておくといいかもしれません。

何千円単位でお金が変わってくるし、空港で重量超過してしまうとめちゃくちゃ高い金額を取られることになるので気をつけてくださいね。

 

まとめ

今回はスーツケースのハードタイプとソフトタイプの違いについて書きました。

まぁ日本人の考え方的に「海外は危ない…」と考えている人がほとんどだと思うので、その分ハードタイプを買う人が多いと思います。

ですが使い分けることによってもっと便利に旅行を楽しむことができるはずです。

なので、きっちりハードタイプとソフトタイプの違いを知って、自分の旅行スタイルにあったスーツケースを買ってくださいね!

 

スーツケースにベルトは必要なのか?種類や付け方も解説するよ

2018.05.28

スーツケースのファスナータイプとフレームタイプの違い

2018.01.12

 

スーツケースのハードタイプとソフトタイプの違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

ABOUTこの記事をかいた人

就職活動を放棄し、大学卒業後すぐにオーストラリアへワーホリ。
英語学習方法やワーホリ情報を軸に当ブログ「Daily Journey」を設立。「やりたいことをやる」をモットーにブログを更新中!