【ワーホリ】オーストラリア入国時に残高証明書は必要?

オーストラリア入国に残高証明書は必要か?

どうもふっさんです。

今回はオーストラリアワーホリ入国時に残高証明書の必要かどうかについて書いていきたいと思います。

オーストラリアワーホリに残高証明書は必要?

みなさんはワーホリVISAの申請条件を調べことありますか?

調べたことがある人なら知っていると思いますが、ワーホリVISA申請条件の中には「ワーホリに来るためには、5000ドル相当の預金があることが必須」と書かれてあるんですよね。

だからワーホリに来る際にはある程度の預金が必要となってきます。

ただそんなことは言っても、お金がなくてもワーホリに行ってみたいと思っている方多いと思います。

 

そんな時に「残高証明書とか見られるのかなぁ」と考えるかもしれませんが、残高証明書に関しては基本的に必要ありません。

自分はワーホリに行く際に残高証明書を一応作ってから入国しましたが、全く必要ありませんでした。

 

オーストラリア入国においては、「変な食べ物持ち込んでないか?」みたいなことの方がしっかりと調査されます。

オーストラリアは自然と動物をめちゃくちゃ大事にしてるので、空港での検疫はとても厳しいです。

 

ただ入国カードを普通に書いて入国すれば検疫もすぐに終わりますし、残高証明書なんて聞かれることすらありません。

 

自分の場合、痛み止めの薬を持って行ったので、入国カードの薬の欄にチェックを入れました。

で、検疫に行ってみると、

「何持って来てるの?」

「痛み止め」

「おーけー」

で、自分の検疫終了。

 

「これセキュリティー的にいけんのかな?」とは思いましたが、普通に入国できます。

だからワーホリVISAが取れているなら、基本的に入国は可能だと思われます。

 

ただしお金に余裕があるなら、持っておこう

もし5000ドル以上の預金がしっかりあるなら、ちゃんと持っていきましょう。

銀行にもよりますが、残高証明書の取得は高々4000円ぐらいです。

このへんはケチらずにしっかり準備してから行きましょうね。

 

上で書いたのは残高証明書取っても、預金が証明できない人は取らずに行くのもありっていうことです。

証明できるだけの預金があるなら、取っておいて損はないはずです。

もし空港で聞かれたらどうしようもないし、そんなことで行きたかったワーホリを無駄にしたくないはずです。

 

できるだけのことはすべてやってからワーホリに来るようにしましょう!

 

まとめ

オーストラリアワーホリにおいて残高証明書が必要かどうかについて書きました。

残高証明書は無くても入国できますが、預金がしっかりあるなら持っておくべきです。

基本的に聞かれませんが、ないに越したことはありませんからね。

悔いのないワーホリにしましょう〜。

 

オーストラリア入国に残高証明書は必要か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

ABOUTこの記事をかいた人

就職活動を放棄し、大学卒業後すぐにオーストラリアへワーホリ。
英語学習方法やワーホリ情報を軸に当ブログ「Daily Journey」を設立。「やりたいことをやる」をモットーにブログを更新中!