オーストラリアワーホリに必要な費用とは?実際に掛かった費用を紹介する

オーストラリアワーホリに必要な費用

どうもふっさんです。

今回はオーストラリアへワーキングホリデーに行くためにはどのくらいの費用が必要なのかについて書いていきたいと思います。

自分は西オーストラリアのパースにワーホリに行ったので、もしオーストラリアに来る人は参考にしてみてください!

エージェントは使った?語学学校は行った?などについて

まず自分がエージェントを使ったかなどの前提条件ついて書いておきます。

 

・留学またはワーホリエージェントは使っていない

・語学学校も行っていない

・ホテルや航空券は自分で手配

・もちろん空港送迎などもなし

・パースに11ヶ月滞在

 

こんな感じですね。

見てわかる通り、ワーホリの手続きなどはすべて自分でやりました。

まぁ難しいそうに見えますがやってみるとめーっちゃ簡単でした。

 

オーストラリアワーホリに行くまでに掛かった費用の内訳

ワーホリに行くまでに絶対に必要な費用

まず行くまでに絶対的に必要なものといえば、

・パスポート

・ビザ申請代

・海外旅行保険代

・往復の航空券代

が挙げられますね。

 

上記4つにかかった費用は以下になります。

パスポート(10年有効) 1万6000円
ビザ申請代 4万301円($440)
海外旅行保険代 23万4620
往復の航空券 6万7877円

 

ビザ申請代はレートによって上下しますが、自分の場合は4万ちょい。

海外旅行保険はAIG損保で、ブロンズAプラン(下から2番目)のプランを契約しました。

滞在自体が11ヶ月なので、12ヶ月滞在にするともう少し値段が上がります。

 

また航空券はAirAsiaで購入して、行きのチケットが3万9337円、帰りのチケットが2万8540円でした。

帰りのチケットが安いのは、めちゃくちゃ早く取ってるからですね。

自分は帰る日が決まっていたので、1年後の航空券を買いました。

 

もし帰る日が決まってなくて現地で買いたいと思っている人は、行きのチケットと同じぐらいの値段だと思っていたら大丈夫。

だから往復で8万前後で見積もっておくといいと思います。

 

そして合計すると35万8798円。

とりあえず行くまでの準備で40万ぐらい必要ってことになります。

この辺も保険を変えたりなどで安くはできると思いますが、最低でもこれくらいはかかると考えておいたほうがいいですね。

 

現地での滞在費

観光に行くかどうかなどで変わって来ると思いますが、自分は旅行・観光なしで50万円ほど持って行きました。

現金15万、キャッシュパスポートに35万ってな感じですね。

「キャッシュパスポートが使えなかったらどうしよう…」と言う不安から現金は多めに持って行きました。笑

 

もし現地についてすぐ働くという場合は30万ぐらいでいいと思います。

正直オーストラリアは物価が高いと言っても、月10万ちょいあれば生活できます。

30万あれば2ヶ月は余裕で滞在できるはずです。

 

服や靴などの日用品

持って行く日用品に関しては人それぞれになりますね。

初めての海外だったので、スーツケースやリュックなどから新しく買い揃えました。

というか、持って行くものは全部買い揃えましたね。

 

自分はスーツケースとリュックは海外旅行用に少し高いものを選んだので、服や靴などの日用品などすべてを合わせると多分10万ぐらいかかっています。

まぁ現地に着いてからなんでも買えるので、数日の着替えなどがあれば正直大丈夫。

 

ホテル代

現地についてから数日泊まる宿泊費(シェアハウスなどを探す期間)になります。

自分はドミトリー(色々な人いるシェアルーム)が絶対に無理だと思ったので、安宿の1人部屋を1週間借りました。

1泊4000円ほどで、手数料なども入れて合計3万ほど。

 

「いや高いだろ!」って思うかもしれませんが、エージェントなどを使わなかった分でペイできると考えました。

この値段でもトイレ・シャワーが共用なので、予約する際はその辺もしっかり確認した方がいいですよ!

 

空港からの移動

到着したあとのホテルまでの移動ですが、「Uber」を使おうと考えていました。

が、色々あって利用できずに結局タクシーを利用しました。

ホテルまでのタクシー代は46ドル10セント、日本円にして4000円ぐらいですかね。

 

あとあと調べてみるとUberでもこのぐらいの値段みたいです。

まぁタクシーは空港利用料$3取られるので、Uberが使えるなら使いましょう。

 

結局オーストラリアワーホリに掛かった費用の合計は?

・絶対に必要な費用 35万8798円

・現地滞在費    50万

・日用品      10万

・ホテル・タクシー 3万4000円

 

てなわけで、合計99万2798円でした。

約100万あれば、安心してワーホリ生活を始められます。

 

自分は絶対に入国したかったので、何があってもいけるように準備して行きました。

だから日用品の費用の中には残高証明書などの費用も入っています。

正直必要ありませんでしたが、もし聞かれたときに英語できっちり答えられないのなら、絶対に用意して行くべきだと思います。

 

もしエージェントや語学学校に通う場合は100万以上必要ってことになります。

この現地滞在費用を語学学校代に回したと考えても、あと滞在費として10万〜20万は欲しいところです。

エージェントも会社によって色々違うみたいなので、利用せずに自力で行くのがオススメ。

 

オーストラリアワーホリでエージェント・語学学校なしなら、

「100万あれば十分」

と言うことを覚えておきましょう!

 

まとめ

ワーホリに行くなら100万準備して、エージェントや語学学校に行くならそこからプラスして必要なお金を算出するのがベスト。

ふっさんは金銭的に余裕がなかったので、パースにあるフリースクールに通おうと思っています。

またフリースクールに関しても記事書きますね〜!

 

オーストラリアワーホリに必要な費用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

ABOUTこの記事をかいた人

就職活動を放棄し、大学卒業後すぐにオーストラリアへワーホリ。
英語学習方法やワーホリ情報を軸に当ブログ「Daily Journey」を設立。「やりたいことをやる」をモットーにブログを更新中!